義援金と支援金

3月11日の震災で被災された方を支援するための募金箱が各地で設置されています。
最近になってようやく報道され始めた義援金支援金の違い。
簡単にまとめると…


義援金=集計後、被災者にお金として平等に分配
      運用団体:日本赤十字社(中央共同募金会も?)
      メリット:集められた総額が被災者に共同分配
      デメリット:被災者の手に届くまで時間がかかる

特に今回の地震では、被災者数、被災状況の調査が困難で、分配自体はかなり遅くなるようです。


支援金被災者支援物資(着物とか食糧とか)の購入に充てられ、被災地へ送られる
      運用団体:ユニセフなどのNPO法人、ボランティア団体
      メリット:寄付したお金が即時被災者支援のために使われる
      デメリット:団体により使い道が異なる。

団体ごとの使い道というのは、寄付されたお金の何%を支援に使って何%を人件費に使って…みたいなことで、必ずしも全額が被災者支援に使われるわけではないということ。
まぁ、でも各団体の方々もタダ働きじゃあ生きていけないですものね。。。
by yahoo!ニュース


全く同じものだと思ってた…。日本語って難しい。。。

そう考えるとは、数%削られるとしても支援金の形で寄付した方が被災された方々の助けになるのかな?(´・ω・`)
何も考えず義援金BOXに入れてたけど…。
震災が落ち着いてきて被災者数、被災状況のきちんとした調査が始まるころを見計らって義援金BOXに寄付した方が効率的な気がします。
今お金受け取っても、市場が成り立ってないんだったらほぼ無意味な気がするけど…。
ある意味、安堵感にはつながるのかな?
いや、でも着るもの、食べるものの方がありがたい気がするなぁ。
被災地への通路がきちんと確保されてればの話ですけど。


被災地の状況を直接見に行けない身としては、マスメディアや実際に行かれた方の情報に頼るしかないわけですが、それによると、未だ被災地は凄惨な状況みたいです。

同じ日本人として、現地に助けに行けず被災者の方々の安否と復興を祈ることしかできないのは辛いですが、避難所で生活している方々のために、寄付金は少しでも合理的かつ効率的に使ってほしいものです。


ちなみにユニセフが「被災者支援」を謳って集めた寄付金を外国の子どもたちへの支援に使おうとして非難殺到したそうです。
「これじゃユ偽フじゃないか!」ってうまいな!Σ(゜Д゜)(ぁ
現在は「被災者支援」名目に集めたお金はすべて東日本大震災の被災者支援に使うと宣言しているようです。

でもなぁ…。考えてみると、地球上に支援を必要としている人々は無限にいるわけだから、そんな目くじら立てて怒らなくても…と、ほんの少し思ってしまいました(´・ω・`)
これを機に、募金というものについて深く考え直してみる必要があると思います。

募金の使い道、寄付者~被支援者への経路、募金は一時しのぎなのかそうじゃないのかetc...
考えるべきことはたくさんあると思うのです(´・ω・`)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック