人の死って。。。

今日のネタはちょっと重いです。
読んでも特に面白くないので、どうしようもなく暇な方だけどうぞ。


今日祖父が亡くなりました。まだ顔は見てないのですけど。
ずっと入院してたので、覚悟はしてましたけど、本当にあっという間のことでまだ実感がないです。

悲しいというか、何だかとっても空しい感じがします。
亡くなった瞬間、私はいつもと同じように生活していました。
周りにいた人たちも、普通に話したり笑ったり…。
親しい人が亡くなったという感じもしなかったし、亡くなったって聞いたときも少しドキッとしただけでした。
人間の死ってこんなものなのかな。。。(´・ω・`)


まぁ、実際そうなのかもしれないです。
今こうしてる瞬間だって、世界では何人もの知らない人が亡くなってるんでしょうね。
その人たちの時間はそこで終わったにも関わらず、私を含め、他の人の時間は何もなかったように流れ続ける。
それは、不思議なことのように思えて、本当は当たり前のことなのかも。
例えば、私が死んだとしても、他の人の時間はそのまま流れ続けるんでしょうね。
何だか「人の生」そのものが凄く空しいものに感じます。

さて、明日から忙しくなるなぁ・・・。

この記事へのコメント

津軽人
2007年06月01日 21:24
身内の死と言うのは、お見送りが終わっても、なかなか実感がわかない
ものだと思います。
でも、何かの拍子にお祖父ちゃんのことを思い出した時、いつも見守って
くれていると?
思います。     頑張ってください。
2007年06月08日 08:30
こんにちは☆
>他の人の時間は何もなかったように流れ続ける
そんなことはないんじゃないかな。
身近な人の死って何もないってことにはならないと思う。
私も祖父が亡くなった時もそんなに実感はなかった(小学生の時だったんで)んだけど、ふとした瞬間に祖父との思い出が溢れてくる時があります。
今は、そんなにショック受けてないように感じても、後からくることもあるので気を落とさないでくださいね。
ルー・テテ
2007年06月14日 18:19
津軽人さん、初めましてm(_^_*m
コメントありがとうございます♪
最近、病院で子連れのおじいちゃんを見たときに
ふと思い出してジーンときちゃいました(ノω・`)
もしかしたらそれが見守っててくれている証拠なのかもしれません。
ありがとうございますm(・ω・`*m
ルー・テテ
2007年06月14日 18:34
えりさん、こんにちわ♪
もちろん、親しい人が亡くなれば寂しかったり悲しかったり色んな影響を受けます。実際、祖父がいなくなった家は空虚感でいっぱいです。
でも、それは実質的に見るとその人にとっての時間が止まっただけで
私たちの時間は止まらないし、世界もずっと動き続ける、それは一方で壮大なことのように思えて、でも一方で、その人の「生死」が周りにどれだけの影響を与え得たのか、その人にとっての壮大なドラマが終わったとしても、そのドラマは壮大な世界の流れから見たらすぐに消え去ってしまうものなのではないかと考えてみると、少し空しい感じもするのです(´・ω・`)
考えすぎですね・・・(〃´・ω・`)ゞ

でも、思い出を積み重ねた私たちにとっては祖父の死はとても大きなものです。
これからはその思い出を抱きつつ頑張ろうと思います。
ありがとうございましたm(・ω・`*m

この記事へのトラックバック