学習塾小6刺殺事件+α。

被告の元講師に懲役18年だそうです。
同志○大の学生だったらしいですけど、刑務所から出たらもう42歳でプータローですか。
まだ若いのにバカなことするから(つд`)
でも、12歳で命を絶たれた被害者のことを考えれば、それでも足りないくらいですよね。

精神鑑定の結果、広汎性発達障害と診断されたそうです。
といっても、別にそれほど重い障害でもなく、1000人に1人くらいの割合で患者さんがいるそうです。
現実社会では別に珍しい症状でもないようです。
でも、怖いのは、障害それ自体ではなくて、障害に対する差別の拡大。
いじめも含めて差別って本当に性質が悪いものです。
している本人には自覚がなくても、されている方は激しく傷つくものですから。
私も、差別とかいじめとかいうほどのものじゃないですけど、似たような経験したことあるので
差別される側の気持ちは一応分かってるつもりです。

赤信号 みんなで渡れば怖くない


小学生のころ、呪文のように唱えて渡ってました。
みんなが一緒なら別にいいや、と。(いぇ、今はちゃんと止まってますよ。。。(,';´・ω・`)ゞ)
差別も、みんながしているから自分もやってもいいような錯覚にとらわれるんでしょうね。
でも、それって本当に正しいのかな。
差別される側の気持ちを傷つけて、それでも「別にいいや」って思ってるなら
それはただのJIKOCHUですよね。

精神病の患者さんに対する世間の意見って大体決まってます。
放っておいたら何するか分からない人
だから、執拗に避けたり、いじめたりするのです。
そういう行為の中にはきっと自己防衛の意識が少なからず入ってるんでしょうね。
でも、「放っておいたら何するか分からない」のは他の人も同じじゃありませんか?
犯罪者=精神病患者というわけでは決してないんですから。

精神病を初めとする病気の方に対する誤解って、ものすごく多いです。
で、その誤解が酷い差別を生んだりするのです。
ハンセン病の患者さんに対する差別もそこから始まったものですし。
もちろん意識的にそういうことをしてる場合は少なくて、
無意識のうちに差別的な行動をとったり、発言をしたりしてるんでしょうけど。
まずは、自分の言動を意識化して、その是非を考えることが第一歩だと思います。
相手も自分と同じ人間だということを忘れちゃいけないですよね。

差別は一人ひとりが意識すれば変わること。
今回の事件で精神病に対する差別や誤解が広がらないことを祈るばかりです(´・人・`)

まぁ、私がこんなこと書いたところで、別に何にも変わらないんでしょうけど(ノ∀`)ゝ
ネタがないので書いてみただけです(マテ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック