栃木県女児殺害事件。

またしても小さな女の子が殺害されました。いやはや、本当に恐ろしい世の中です(-∧-;)
今度は栃木県に住んでいた七歳の女の子が茨城県で遺体として発見されました。
しかも遺体には複数の刺し傷があったそうです。
発見時、女児の体内には殆ど血液が残っていなかったとか。
酷いことしますね、本当に。
犯人の心境が理解出来ません。

今回留意すべきは、以前の二件の殺人事件で
パトロールや世間の警戒が強化された最中の事件であることだと思います。
既にニュースとかで良く言われていることですけど。
普通、似たような犯罪って忘れたころに起こるものかと思ってましたけど、見事に既成概念が覆されました。。。
私自身、「警戒が強化されたからもう大丈夫」と、安心しきっていたのかもしれません。

今回の事件を踏まえて、小泉首相が首相官邸で語ったそうです。
「こういう問題は起こると続く。断ち切るために全力を挙げて取り組んでほしい」
地域社会や文部科学省も協力するらしいですけど、こういうのってどうやったら断ち切れるんでしょうか?
教師だけじゃ足りないらしいから、ボランティアを募って小学生を片時も一人にしないとか?
ぁ。でも、ボランティアに危ない思想の持ち主が潜んでいたら逆に危険ですね。。。
父兄に頼むにしても、朝夕じゃあ都合の悪い方もいるでしょうし。
それとも、テレビ電話みたいな形で自宅で教育が受けられるようにするとか?
ぁ。でも、それだと引きこもりみたいになっちゃいますね。。。
友達や先生と話せないんじゃあ、学校の存在意義もあやふやになっちゃいますし。
「(´へ`;ウーム……。やっぱり難しい問題です・・・。

そういえば、昨日の新聞に衝撃的な記事が掲載されていました。
その一部を下に抜粋すると・・・
子供の命が危ない。
殺人、13人強姦、27人強制わいせつ、537人
今年上半期に小学生が遭った被害だ。

Σ('□'*('□'*('□'*('□'*)ガビーン!!
小学生の被害ってこんな酷かったんですね。。。
しかも上半期ってことは半年間ですから、一年にしたらもっと多いはずです。
強制わいせつは結構あるって知ってましたけど、
殺人13人、強姦27人っていうのには驚かされました。
こういう事実が在るって言うのもそうですけど
その事件が今まで殆ど取り沙汰されなかったというのも相当な問題だと思います。
社会の構成員たる私たち一人一人がもっと危機感を持たなければならないのかもしれません。


ちなみに私の妹も小学生。私と兄者とは相当歳が離れています。
まぁ、あの性格ではまさか連れて行く人はいないでしょうけどw
でも、親は異常に心配して
「駐車場で遊んじゃいけない!」「公園に行っちゃいけない!」と行動を制限しまくりです。
油断して連れ去られるよりはましでしょうけど、あまり制限し過ぎるのもね。
因みに私が子供だった時は放任されまくりでした。
「にんじんと大根買ってきて~」と一人でお使いに出されたり
「暇そうだから公園にでも行っておいで~」と家から追い出されたり・・・
何だ、この差は!


何か、最近私の記事、こっちの傾向強いですね。。。
しかも、若干世間の話題から遅れ気味です。。。orz

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 子供を守る

    Excerpt: 編集長です。 寒波の影響で、突き刺さるような寒さの日が続いてますね。 おかげでますます朝起きれなくなりました。 明日こそ早起きしなくては。 近頃小学生が殺害される事件が連続して起きてい.. Weblog: しゃらく編集室日記 racked: 2005-12-06 08:34