奈良県女児誘拐殺人事件。

奈良市で当時小学一年生だった女の子が誘拐、殺害されて今日(もはや昨日)でちょうど一年です。
彼女の冥福を祈って、一人黙祷を捧げさせていただきます(-人-*)

で、それに伴ってかどうかは知りませんけど
小林薫被告が『後悔』と題した13枚に及ぶ手記を書いていたことが発覚しました。
大部分は家庭環境や、事件当日の心理のことです。
その一部を、軽いコメントを添えて以下に取り出してみました。

①『あの日の俺は俺ではないとしか言いようがなかった』
事件当日は自制がきかなくて、自分自身どうして殺人を犯したのかわからないそうです。
要は都合のいい言い訳ですね。
だから、何?許せと?冗談じゃないですね~。

②『あまり〈詫びている〉とか〈悪い事をした〉とか〈反省している〉なんて言いたくはない』
後悔はしているけど、反省とか謝罪をする気はないそうな。
ふざけるな、と小一時間責め続けてやりたい気分。
少しは遺族や、一方的に生きる権利を奪われた女の子の気持ちを考えろよ。

③『ただ後悔を本当にしている事だけでいいから信じて欲しい』
虫のいい話ですねぇ。
信じて欲しいなら、まず遺族に対してきちんと謝罪してからだろうが、と。


全部読まないとはっきりとは分からないんだろうけど
こう一部だけ取り出して読んでみても、憤りしか感じません。
何か、許してもらうことしか考えてないってことが文章の端々に表れている気がします。
精神的に幼稚なのかな。
遺族の方はこれを読んでどう思うのでしょうか。
少なくとも喜びはしないと思いますけど。

遺族の方の言うとおり、「死刑以上の極刑」でも許せません。
むしろ、生かさず殺さず、自然死するまで拷問を加え続けてやりたいです(ぇ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ケン
2006年06月10日 23:39
僕は本当に小林の野郎を許せへんですよ!
まあ、あいつには骨を拾ってくれる人がいないので「ざまあみろ!!」と言いたいですよ!!
2006年06月22日 21:33
私も許せないですっ(`・ω・´)
どうして見ず知らずの女の子や家族の方に対して
あんな残虐なことができるのか、甚だ疑問です。
裁判とかどうなってるのかな。。。
せめて死刑にしてくれないと気がすまないですヽ(`д´#)ノ

返事遅れてしまってごめんなさい(*ノノ)

この記事へのトラックバック